大きく膨らんだほくろをとりたい
昔からほくろが目立ってコンプレックス
顔にたくさんほくろがある

 

ほくろは放っておいても自然になくなることはありませんし、大きくなるばかりです。

 

自分で無理に取ってしまうと跡が残ってしまったり、思わぬトラブルに繋がることも考えられます。

 

ここでは、広島でほくろ除去できる美容外科・皮膚科と、その施術方法についてご紹介します。

 

ぜひ、参考にして下さい。

 

ほくろ除去できる広島の美容外科・皮膚科5院

品川スキンクリニック

 

電気メスと切除縫合の2種類のほくろ除去を行っています。
電気メスは1年間安心保障制度がついているため、1年以内に再発した際は無料で治療が受けられます。
(品川では炭酸ガスレーザーでのほくろ除去も取り扱っていますが、品川・新宿・表参道・心斎橋院限定です。)

 

ほくろ除去の料金(税抜)
電気メス 1o 4,860円
切除縫合 1o 8,750円

 

広島院の情報

所在地
広島県広島市中区紙屋町2-2-2
紙屋町ビル5F

 

アクセス
・広島電鉄市内線「紙屋町西電停」下車徒歩約2分
・アストラムライン「本通駅」紙屋町オシャレ南または南3-1出口すぐ

 

診療時間
10時〜19時/年中無休

 

 

 

 

東京美容外科

 

東京美容外科では、電気メス(アブレーション)と切除縫合が受けられます。
(炭酸ガスレーザーでのほくろ除去も受けられますが、新宿院限定となっています)

 

ほくろ除去の料金(税抜)
電気メス 直径1oごと 3,000円
切除縫合 直径1oごと 5,000円

 

広島 福山院の情報

所在地
広島県福島市三之丸町7-21
大福三之丸ビル3F

 

アクセス
福山駅南口から徒歩5分

 

診療時間
10時〜19時/年中無休

 

 

 

 

聖心美容クリニック

 

ほくろ除去は、電気メスと切除縫合を行っています。

 

ほくろ除去の料金(税抜)
電気メス 1o 9,800円
切除縫合 1p2 30,000円〜

 

広島院の情報

所在地
広島県広島市中区本通3-10
本通サザン3F

 

アクセス
・広島バスセンターから徒歩10分
・市電立町電停から徒歩5分

 

診療時間
10時〜19時/年中無休

 

 

 

 

 

エルムクリニック

 

炭酸ガスレーザーでのほくろ除去が受けられ、ほくろの大きさに応じて料金が変動します。(麻酔代込)

 

ほくろ除去の料金(税込)
炭酸ガスレーザー 2o以下 4,000円〜

 

広島院の情報

所在地
広島県広島市中区大手町2丁目7-3
大手町原田ビル5F

 

アクセス
袋町駅から徒歩2分

 

診療時間
9時〜18時/不定休

 

 

 

 

 

ナチュレ美容クリニック

 

電気メスと切除縫合を行っており、ほくろの大きさに合わせて施術方法を提案してくれます。

 

ほくろ除去の料金(税別)
電気メス 1oあたり 5,000円
切除縫合 1oあたり 7,000円

 

ナチュレ美容クリニックの情報

所在地
広島県広島市中区八丁堀12-4
八丁堀わかばビル5階

 

アクセス
八丁堀電停から徒歩約2分

 

診療時間
午前:10時〜13時
午後:14時〜19時
休診:木曜・日曜・祝日

 

 

 

ほくろ除去の種類


出典:銀座ファインケアクリニック

 

電気メス


出典:ホクロ除去のマニュアル

 

外科手術でよく使われている尖端から電流が流れているメスを使ってほくろを焼き削る方法です。
電気メスは、切開と同時に止血するので出血の心配がありません。

 

幅広いホクロの種類を除去でき、大きなほくろ・5o以下のほくろなどに向いています。
また、細かく複数あるほくろを1度に除去することも可能です。

 

ほとんどの方が1度の治療でほくろ除去ができるのもメリットでしょう。
施術後は患部が凹んだ状態ですが、皮膚組織が再生されてしだいに目立ちにくくなっていきます。

 

 

炭酸ガスレーザー


出典:KM新宿クリニック

 

人の皮膚には水分が含まれているため、照射することでその水分に反応してホクロの細胞を蒸散させます。
電気メスと似たような治療で、熱でほくろを焼き削り除去するという方法です。

 

また、盛り上がったほくろに向いていて、局所麻酔をするので施術中の痛みがありません。
除去後は凹んだ状態で、2〜3週間程するとお肉が盛り上がってくるため目立ちにくくなるでしょう。

 

 

切除縫合


出典:神田美容外科形成外科医院

 

大きく膨らんだほくろ・悪性腫瘍のほくろなどに用いられる除去方法です。
メスでほくろと周りの皮膚を葉っぱのような形に切開し、糸で縫合します。
傷跡は個人差がありますが、1本の線状になるのでそこまで目立つものではないでしょう。

 

また、ほくろの根まで切除するため、再発は少ないとされています。
しかし、1週間くらい糸がついた状態、切開するという点から比較的身体に負担があります。

 

ほくろ除去の注意点


出典:流行と話題の情報サイト

 

ほくろ除去して跡が残ってしまうと「やらなきゃよかった」という気持ちになってしまいますね。
そうならないためにも、ほくろ除去に関して知っておきたい注意点をまとめました。

 

ほくろ除去後のケアに気をつける

綺麗にほくろ除去したい場合は、除去した後のケアが肝心!
保護テープや軟膏を処方された場合、決められたとおりに行いましょう。
なぜなら、ケアを怠ってしまうことで傷跡が残ってしまう原因に繋がるからです。

 

除去した部分は表皮が弱っているため、紫外線などにも注意してください。
紫外線によってほくろが再発してしまう可能性が高くなります。
保護テープは傷を治す役目と紫外線防止にも効果的です。

 

また、かさぶたができた時は無理に剥がさず、自然に剥がれ落ちるのを待ちましょう。
傷跡をちょっとでも肌色に近づけるには、除去後のケアをしっかり行うことが大切です。

 

 

ほくろ除去のリスク

医師の技術や自分の持った体質、除去後のケアなどによって傷跡が残るケースがあります。
必ず、綺麗にほくろ除去できるとは限りません。
ほくろ除去する前にリスクがあることも知っておきましょう。

赤み・盛り上がる・陥没・火傷跡・黒っぽい・白っぽい・ケロイド

ほくろ除去によって綺麗に治らず、このような目立つ跡が残ってしまうことも考えられます。
そのため、ほくろ除去する前には医師からリスクのこともしっかり説明を受けておくのがいいですね。

 

このような傷跡にならないためにもしっかりケアすることをお勧めします。